日記

高校1年の冬頃から毎日必ずという訳ではないですが、かなりの頻度で日記を書き続けています。過去の記憶は自身の脳内で無意識に変わってしまう反面、日記だと客観的に昔の自分を知ることができるので、振り返る面白さだけでなく自分の変化を正しく見ることができて便利です。そして日記を書くことで気持ちのわだかまりを減らすこともでき、一石二鳥だと感じています。