M5 Stack Core2でISSの現在位置を表示する装置

公開・デプロイ日2021/05/03

使用技術:M5StackCore2, UIFlow

種類:プログラミング

日本人のISS同時滞在を記念して、ISS位置情報API→Maps Satic API (Google)→UIFlow→M5 Stack Core2で作りました。
UIFlowというツールを使ったのでゴリゴリのプログラミングではありません…